季節代わり看護師転職
ホーム > 注目 > キャッシング限度額が50万円を超す金額

キャッシング限度額が50万円を超す金額

「嘘の申告をしてカードローンの審査に通った」という話をたまに聞ききますが、それは電子化以前の話のようです。

 

事実だけ言えば、それは有印私文書偽造罪といって刑事罰の対象になります(大田区を太田区と書くようなケアレスミスはもちろん対象外)。

 

ただ、審査中に発覚したとしても会社としては被害が未然に防げたので、いちいち警察に連絡しないかもしれません。

 

しかしあくまでも会社の自主性なのでわかりません。

 

それに、プロ相手に虚偽が通ることはまず、ないのではないでしょうか。

 

考えてもみてください。

 

嘘で融資を受けたとしても、返済中にバレたらブラック確定で、「全額」を「一括」で返済しなければいけません。

 

リスクは必至です。

 

正直に申告して借りられる額だけを借りたほうが現実的ではないでしょうか。

 

自己破産の都合の良いことは免責となることで借金を返さなくても良くなることです。

 

借金の返済方法に悩んだり、金策に走り回ることがなくなります。

 

特に、財産をあまり持っていない人にとっては、借金を返す為に手放さなくてはいけないものが少しなので、利点が大きいと言えるのです。

 

最近のキャッシングは、返済方法が選べ、金利がわかりやすくなっているなど利用がしやすくなっております。

 

申し込み方法もチョイスできて、ネットを使って各業者のサイトから行うことも出来ます。

 

キャッシング業者には、仕事先に確認の電話がこないところもあります。

 

これならば誰にも知られないままに利用することが出来るので、利用が安心して出来ます。

 

キャッシングは計画的に借りればとても便利ですが、きっちりとしたプラン無しに、自己の返済能力を超える借金を負ってしまうと、月々の返済を滞納してしまったり、多重債務などを背負うおそれがあるので注意しなければなりません。

 

キャッシングの申し込み時は、希望限度額もポイントになります。

 

借入限度額が50万円以下なら、本人確認のために運転免許証1枚あれば契約できるのがその理由です。

 

けれど、キャッシング限度額が50万円を超す金額であったり、他社からの借入と合わせた額が100万円を超すと、 収入証明を提出しなければならず、事務手続きがちょっと繁雑になるという訳です。

お金 作る